『タミヤ1/35 ドイツIV号戦車H型(初期型)をガルパン仕様に2』

昨日の続きです。
IV号H型改造車体周り01
こちらは車体や砲塔に付けるフック。

細かいパーツなので、ぱっと見全然フックに見えません。
ドラゴン製のIV号はこのフックパーツだけで2パーツ構成だとか…。



その件のフックをそれっぽく加工します。
IV号H型改造車体周り02
これはアーマーモデリング4月号(No162)に載っていたやり方をそのまましてます。







ガルパン仕様で目立つ部分の一つ
IV号H型改造車体周り03
『ブレーキ点検ハッチ』




エバーグリーンの凹型プラ棒、III号突撃砲のアンテナケースに使ったやつを巻きつけましたが…
IV号H型改造車体周り04
後にモデグラでこれよりもっといいやり方が載っていたという…。





ライトコードを追加。
IV号H型改造車体周り05
フェンダースプリング?は実際の戦車にはあるみたいですが、劇中にはないのでそのまま。




タミヤIV号H型にはなぜかリアライトのパーツがありません。
IV号H型改造車体周り06
ので、ディティールアップパーツでそれっぽく作りました。




この小さいパーツに何気に3パーツ構成…。
IV号H型改造車体周り07
…っと、少々足が長かったので短くします。



リアライト完成。
IV号H型改造車体周り08
もちろん車体に穴を開けてシンチュウ線を通して接着です。






アンテナケース
IV号H型改造車体周り09
調べてみると劇中ではフタが付いてるみたいなので…





プラ板でフタをしました。
IV号H型改造車体周り10
雑誌を見るとアンテナケースがそのままの作例ばかり。もしかして私が間違っているのだろうか…?




とりあえず
IV号H型改造車体周り11
本日はここまで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shin

Author:shin
バイク:SV1000S
車:FC3S

shinの興味あるものや好きなもの、ドール、車、プラモ、その他色々をほとんどノンジャンルで思うがまま書いていくブログ。

あなたにとって『最高の場所』はどこ?

FC2カウンター
シンプルアーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる