JS-2の汚し塗装

以前からタミヤの『JS-2』を使って、ノンナ車を作ってました。

…といっても、防盾が劇中とは違いますが、そこを修正するとなると大工事になるので、ほぼ素組です。
DSC_0990.jpg
一部パーツの接着場所を変更したり、パーツを追加したりしてますが、改造というほどではありません。

そんなJS-2、基本塗装が終わりました。



デカールを貼りました。
DSC_0995.jpg
ここからは汚し塗装に入ります。



まずは車体下部をドライブラシで汚します。
DSC_1003.jpg
フラットアースを始めとした、いくつかの塗料を使って適当にぽんぽんやります。




今回は今までやったことないですが、ジオラマ用に買っていた『情景テクスチャーペイント』を使ってみました。
DSC_1005.jpg
さすが情景用なだけあって、塗料だけでは再現できない、こびり付いた泥のような感じに。




履帯も汚します。
DSC_1006.jpg
ちなみに履帯は普通の塗料を使ってます。



汚して、シルバーでまたドライブラシです。
DSC_1010.jpg
いい汚れ具合です。




車体上部をかぶせると…
DSC_1011.jpg
当たり前ですが履帯に対して綺麗すぎなので、もちろん上部も汚します。




ガルパン戦車はあまり汚れてるイメージがないので、派手に汚すわけではなく、大人しめに汚します。
DSC_1017.jpg
すす汚れやサビ表現は『ウェザリングマスター』が役に立ちます。




砲塔も汚し終わり、あとは組み立てるのみです。
DSC_1029.jpg
車体内部がドロドロなのは、ドライブラシの時に車体内部でテスト塗りしたからです。

完成したらどうせ見えなくなるので気にしないでいいです。




ライトはHアイズでクリア化。
DSC_1030.jpg
このライト、実は汚し塗装中に取れてしまいました。



でも大丈夫。落ち着いて対応すれば何も問題ありません。
DSC_1032.jpg
ライト基部と車体に穴を開けて、シンチュウ線を差し込み、瞬着で接着してしまいます。

これで普通に接着するよりも頑丈になりました。









そんな訳で汚し塗装も終わり、完成です。
DSC_1033.jpg
『JS-2劇場版ノンナ車』


DSC_1036.jpg



DSC_1037.jpg
履帯はゴム履帯です。

部分連結式の履帯も付いてますが、こっちの方が楽なもので…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shin

Author:shin
バイク:SV1000S
車:FC3S

shinの興味あるものや好きなもの、ドール、車、プラモ、その他色々をほとんどノンジャンルで思うがまま書いていくブログ。

あなたにとって『最高の場所』はどこ?

FC2カウンター
シンプルアーカイブ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる